Q&A

i_qa

Swiftpoint GT(スウィフトポイントGT)はどんな人に向いている?

Swiftpoint GTはコンピューターを使う方の日常生活を楽にしてくれる、理想的なデバイスです。
このような方に向いています:

* タッチ対応のオペレーティングシステムをご利用の方
* 資料を読む時やウェブサイト閲覧時、縦・横方向のスクロールをよくする方
* Microsoft Office等の生産性向上アプリケーションを使用しており、マウスとキーボードを交互に使ったり、スクロールとカーソルの位置固定を繰り返したりする方
* 卓上に大きいモニターを設置しており離れた位置から利用している等、スクリーンにタッチしにくい方
* 健康に気を使っており、マウスを利用することで健康に影響があるのではないかと懸念している方
* よく旅行するためタッチパッド利用が難しく、どこでも使えるマウスが必要な方
* Windows、Mac、Andoroidデバイスを組み合わせて使用しており、同じマウスで全てのデバイスを使いたいと考えている方

Swiftpointが受賞したCESイノベーションアワードとは?

権威あるCESイノベーションアワードは、世界で最も大きいテクノロジー・トレードショーの一つである国際CESのプロデューサー、コンシューマー・エレクトロニクス協会(CEA)によって主催されています。
この権威あるプログラムに出展された製品は、工業デザイナー、エンジニアや専門メディア会員といった業界有数のメンバーからなる委員会によって審査されます。
様々な製品部門において、際立つデザインやエンジニアリングで最先端だと認められた消費者向けエレクトロニクス製品が受賞します。
全ての部門にそれぞれの審査委員会が設けられます。
出展された製品はそのエンジニアリング、美しさやデザインのクオリティー、使用目的および機能、ユーザーに提供される価値、製品のデザイン性やイノベーション性が同じ市場の他製品と比べてどうか、ユニークで革新的な特徴を持っているかどうか等の観点から評価されます。
CESイノベーション・オーナリー受賞製品として選ばれた製品は、市場において最先端の技術を持った製品やサービスであり、革新的なデザインとエンジニアリングの賜物であると認められたということになります。
イノベーションアワードには2つのレベルがあります。
1つ目は「オーナリー(受賞製品)」であり、出展された製品のうち、ほんの一部が受賞します。
2つ目は最高レベルである「ベスト・オブ・イノベーション(最高革新賞)」で、こちらは各部門にて最も高く評価された製品にのみ贈られる賞です。
Swiftpoint GTは、コンピューター周辺機器部門で「ベスト・オブ・イノベーション」アワードを、コンピューター・アクセサリー部門で「オーナリー」アワードを受賞しました。
どちらの部門も、ソニー、フィリップス、LG、エイスース、ロジテック、デル、および昨年のコンピューター周辺機器部門で最高賞を獲得したサムソンなど、世界最高峰のテクノロジー企業からの出展がある中での受賞となりました。

「本当に自然なタッチ動作」とは?

他コンピューターのマウスは、追加のタッチパッド上で従来型のマウスを動かすことでタッチ操作が可能となります。
タッチ操作をするために、このようなマウスの表面上で指を動かしつつ、マウスそのものが動かないように気を使う必要があります。大変な作業です。
Swiftpoint GTなら、指や手首の自然な動きだけでタッチ操作が可能です。
マウスが動かないように押さえておく必要もありません。まるでタッチスクリーンに指で直接触れているような、従来型とは全く違う素晴らしい体験です。

Swiftpoint GTはどのように生産性を向上させるのですか?

コンピューターで作業をする際、何千もの手、目および頭の動きが生じます。
Microfost WordやExcel、その他のオフィスおよびコンテンツ編集アプリケーションを利用しているときは特にそうです。
気づかないうちに、スクロールやクリック、ボタンを押すこと、カーソルをドラッグすること、キーボード利用からマウス利用への切り替えなどの基本動作に、多くの時間と労力がかかっているのです。
Swiftpoint GTはこのような動作数を劇的に減らすことで、コンピューター作業の効率化を実現します。
例えば、GTを使うことでスクロールバーがあるということすら、文字通り忘れてしまうでしょう。
手を使い、スクロールを簡単に上下左右に動かすことができるようになるのです。スクロールバーを見たりクリックしたりする必要はありません。
是非ご体験ください! 

幅の広いスプレッドシートや長いドキュメント(Microsoft WordやPDFファイル等)の利用時も、GTがあれば簡単にフリックしたり見たい箇所へ直接飛んだりすることができます。
クリックモードとタッチモード間の切り替えが簡単だということも、スクロールとカーソルの位置固定を交互に頻繁に繰り返すユーザーにとって大きい利点となるでしょう。

ビデオをご覧ください。スプレッドシートや大量ドキュメント上で作業する方にとってGTがどれほど便利かご説明しております。

Swiftpoint GTは、どうやってタッチ対応していないモニター上でタッチ効果を作っているのですか?

タッチモニターはスクリーン上の指の動きを分析することで、ユーザーとコンピューター間にインターフェースを提供します。
Swiftpoint GTは独自のハードウェアおよび高度なソフトウェアを組み合わせることで、異なるモードでの手の動きを分析し、スクリーンにタッチしなくても同様のインターフェースを提供することを実現しました。

Swiftpoint GTはWindows 10で作動しますか?

可能です!実際既に作動しております。
プロジェクトのメインストーリーのビデオにて、GTがWindows 10ユーザーにとってどれほど使いやすいものであるかご覧いただけます。

Swiftpoint GTはLinuxコンピューターでも作動しますか?

はい、ワイヤレスのUSBドングル経由で作動します(マウスとともに提供されます)。

ペン型グリップは、何がそんなに特別なのですか?

人間工学を用いた独特のデザインで、コンピューターのマウスを長時間利用することにより手や腕にかかるストレスを軽減します。
頸肩腕障害・頸肩腕症候群、職業性過使用症候群、手根管症候群やその他の症状にお悩みの方には特におすすめです。
他の小さい持ち歩き用マウスですと、ユーザーは爪でグリップせざるをえなくなり、手が痙攣することがよくございます。

Swiftpoint GTは左手の操作にも適していますか?

残念ながら適しているとは言いかねます。GTデザインは右手の操作に最適化されています。

非常に大きい手、もしくは非常に小さい手のユーザーも問題なくSwiftpoint GTを利用できますか?

はい。手のサイズとは関係なくご利用いただけます。ペンがお持ちになれるのなら、GTをご利用いただけます!

どうやって利用を開始できますか?

USBレシーバーをUSBポートに差し込んでください。
下面のボタンを押し、Swiftpoint GTのスイッチを「ON」にしてください。
マウスを充電するには、USBレシーバーにつなげてください。マウスの利用を開始する前に、バッテリーをフル充電してください。
バッテリーのLEDは充電中点灯し、充電が完了すると消えます。フル充電には90分ほどかかる場合がございます。

どのようにSwiftpointマウスを持てばいいですか?

img_qa_hand_2
ハンド・ベクトル
マウスの親指グリップに親指を置き、フィンガーグリップに中指を置きます。
人差し指を左クリックボタンの上に置きます。親指の位置が前に行き過ぎないようにしてください。
ペンを握っている時のように自然に、使いやすい感覚です。

どうやってマウスを利用できますか?

まずマウスを正しく持っていることを確認してください。
次に、マウス上部の左クリックボタンと右クリックボタンでのクリックの練習をしましょう。
スクロールホイールは従来のスクロールホイールと同じように、人差し指でご利用いただけます。
GTには2つのモードがあります。1つはポイント・アンド・クリックモードで、従来のマウスと同じようにご利用いただけます。
もう1つはタッチ動作モードで、これはマウスを傾け、マウス下部のスタイラスを利用するというものです。
このモードでは、ユーザーは指、手首と腕の動きにより自然にスワイプしたりフリックしたりすることができます。
この動作をするには、マウスを傾けスタイラスを起動し、次にスタイラスをマウスの表面にドラッグします。
エッジ動作(Windows 8)を行うには、下(右クリック)ボタンを持ちスタイラスを起動します。
チャームを表示するためには右から左へドラッグしてください。
アプリケーションの切り替え画面を表示するためには左から右へドラッグしてください。
アプリケーションを起動するにはスタイラスを持ち上げてください。
上もしくは下へドラッグすると、利用中のアプリケーションによってはズームすることが可能となります。

Swiftpoint GTをBluetooth 4.0経由で接続する
最初にマウスを「OFF」にしてください。
Windows 8もしくは8.1の場合:ポインターを右下部に移動させ、チャーム・メニューを起動します。
設定をクリックし、PC設定の変更をクリックします。Windows 8の場合、デバイスをクリックし、デバイス追加をクリックします。
Windows 8.1の場合はPC&デバイスをクリックし、Bluetoothを左のコラムから選択します。
リストに既存の「Swiftpoint GT」があれば選択し削除します。
マウスボタンどちらかを持ったまま、マウス下面のスイッチを「ON」にします。
LEDが点灯しペアリングモードとなります。
「Swiftpoint GT」が検索されたデバイスリストに表示されたら、インストールしデバイスとペアリングするためデバイス名をクリックします。

どうしてパームレストが必要なのですか?

パームレストはオプションのアクセサリーで、ノートパソコンに角度をつけて利用するためのものです。
マウスがパーキングスペースに置かれている時、フィルムに磁気でくっつくため滑り落ちることがなくなります
またマウスを手と手の間に位置させることができるので、邪魔にならずタイプすることが可能となります。

パームレストをノートパソコンから取り外し、再度取り付けることは可能ですか?

はい、可能です。パーキング・アクセサリーには粘着裏地がついていますので、ノートパソコンにあとを残しません。
いつでも取り外し、再度取り付けることができます。

Swiftpointマウス・マグネット(パームレスト上のパーキングスペース)はハードドライブに影響しますか?

このパーキング・アクセサリーには、(磁気を持たない)メタル板にドッキングするため低力の磁気が含まれます。
マグネットは表面上800ガウスの磁力を持っていますが、現在のWestern Digitalハードドライブの保磁力レベル(磁気感受性)は約5000ですので、リスクはございません
詳細は「Busting the biggest PC myths」でご覧いただけます。

Swiftpointのマウスを、自身のデスクトップで利用できますか?

はい、可能です。Swiftpointマウスは、マウス利用のあらゆるデバイスに対応しております。
デスクでも、テーブルでも、普段マウスをご利用の場所でお使いいただけます。

SwiftpointマウスをMacもしくはLinuxで利用できますか?

はい、SwiftpointマウスはMacもしくはLinuxでご利用いただけます

3つ目のボタン(マウス中央ボタン)はありますか?

3つ目のボタンはありませんが、左ボタンをクリックし、クリックを維持したまま、右ボタンもクリックしていただくことでマウス中央ボタンに相当するクリックが可能となります。
注意: Swiftpoint GTには従来のマウスの左ボタンに相当する上ボタンと、右ボタンに相当する下ボタンがあります。ビデオにて、いかに簡単に利用可能かご確認いただけます。スタイラスを中央ボタンクリックとして設定していただくことも可能です。

Swiftpointマウスが動きません。

Swiftpoint GTをお持ちであれば、修理方法は下記の通りです:

USBレシーバーとペアリングする:
1) USBレシーバーがコンピューターに接続されていることを確認します
2) マウスが「OFF」になっていることを確認します
3) マウスの全てのボタン(3つ)を押し(上ボタン、下ボタン、下面のスタイラス)、スイッチを「OFF」から「ON」にします
4) ボタン全てを離し、マウスをUSBレシーバーの近くで持ちます。LEDが数回点灯しペアリングされたことが確認できます

初期化する:
1) USBドングルがコンピューターに接続されていることを確認します
2) Swiftpoint GTのスイッチが「OFF」になっていることを確認する
3) 2つの上部のボタンを押しながら(上ボタンと下ボタン)、Swiftpoint GTのスイッチを「OFF」から「ON」に切り替えます。ボタンを同時に10秒以上押し、その後離します。
4) Swiftpoint GTをUSBドングルの横に置きます。LEDが短く点灯し、その後消えペアリングできたことを示します。
Macユーザー向け注意点:Macドライバを利用しており、初期化後正常に動作していない場合。Swiftpoint GTのクラウド・コンフィギュレーション・メニューから「エッジ動作」を無効化する必要がございます。

Bluetooth 4.0でペアリングする場合:
1) マウスのスイッチが「OFF」になっていることを確認します
2) 左もしくは右クリックを押し、スイッチを「OFF」から「ON」に切り替えます
3) Bluetoothのデバイスリストから、マウスがペアリング可能状態になります

初期のSwiftpoint (300シリーズ)をお持ちの場合、修理手順は下記の通りです:

1) USBレシーバーをコンピューターに差し込みます
2) 2つのボタンを同時に押し、LEDライトが点くまでスクロールホイールを何度か転がします(45秒ほどかかる場合がございます)
3) ボタンから手を離し、マウスをUSBレシーバーの近くで持ちます。マウスがレシーバーとペアリングされると、ライトが消えます。マウスをレシーバーの近くに設置する必要があるかもしれません。
4) マウスを利用してみます(最初にボタンをクリックしないと動作しない場合がございます)。
もしマウスが修理できても他に問題が見つかった場合は、support@swiftpoint.net までご連絡ください。サポートスタッフが問題に対処いたします。

GTはどのくらいの頻度で充電するべきですか?また1度の充電でどれほど動作しますか?

内蔵充電式バッテリーはUSB経由の60分間の充電で、2週間動作します。
またブースト充電技術で、ほんの30秒の充電でも1時間ご利用いただけます。充電を使い果たしてしまった時等、便利な機能です。

GTがBluetooth 4経由で動作するのであれば、なぜUSBドングルが必要なのですか?

まず、デバイスにてBluetooth 4利用ができない場合、GTをワイヤレスUSB ドングル経由で接続していただけます。
また、GTをBluetooth接続経由でご利用の場合でも、GTの充電のためにUSBドングルが必要となります。
GTをUSBポートを持っていないBluetoothデバイスでも利用し、他デバイスのUSBポートで充電するということも可能です。

パームレストマットと、フォールディングマウスマット、パーキングスポットの違いはなんですか?

フォールディングマウスマットは非常に軽いマットで、マウスを作動させるのに適していないような場所でもお使いいただけます。パームレストマットはタイピング時、GTをノートパソコンにアタッチすることができます。パーキングスポットはGTマウスを持ち運ぶ際にノートパソコンのフタに装着し持ち運べるようにするための小さい円状の物体です。小さく軽いGT、パームレストマップとパーキングスポットの組み合わせは、出張や旅行が多い方、もしくはノートパソコンを会議の度に持ち歩いている方に最適です。

Swiftpointマウスは飛行機内でも利用できますか?

航空機内でのワイヤレス・コンピューター周辺機器利用に関する規定は航空会社により大きく異なります。全ての航空会社がこのようなデバイスの利用を禁止しているわけではありません。航空会社によっては、離陸着陸時にこのようなデバイスの利用を禁止している場合もございます。利用規定が不明の場合は、利用前に航空会社にお問い合わせください。

バッテリーはどのくらいの期間もちますか?

フル充電された場合、バッテリーは通常利用時2〜4週間もちます。バッテリー残量が少ない場合、バッテリー状況を示すLEDが5秒ごとに点灯します。バッテリーがなくなった場合は、USBにマウスをつなぎ30秒充電することで1時間の利用が可能となります。この充電中、LEDは何度も点灯します。

充電が切れた時はどうすればいいですか?

ブースト充電機能を利用し、30秒マウスを充電することで1時間の利用が可能となります。もしくは、90分充電することで2〜4週間の利用が可能となります。

スクロールホイールはありますか?

はい、ございます。マウスの右手側です。しかしながらSwiftpoint GT では、スタイラス(スタイラス利用時には、スクロールバーを見る必要がないので時間や労力を節約できるという利点もございます)を利用しスクロールする方がより簡単ですので、あまり必要ないかと存じます。

SwifpointマウスをUSBハブ経由で利用できますか?

はい。Swiftpoint マウスはUSBハブに差し込んだUSBチャージャー・レシーバーと動作可能です。USBハブでいくつのデバイスを作動させているか、ハブがAC電源ソケット経由で電源供給されているかによって、充電時間は異なります。

ポインター速度はどうやって設定できますか?

ポインター速度はコンピューターもしくはノートパソコンから設定いただけます。

Windows
コントロールパネル上のマウスをクリックします(もしくはウィンドーズキーを押し、「マウス」と入力します)
ポインターオプションタブをクリックします
マウス速度
ポインター速度のスライダーをドラッグし、お好みの位置に合わせます。

Mac OS
環境設定アプリケーションを開きます。
キーボード&マウスをクリックします。
マウスタブをクリックします。
トラッキング速度スライダーをお好みの位置にドラッグします。

Swiftpointマウスは右手でのみ利用可能ですか?

左利きの方の大半がマウスは右手で使うという調査結果により、Swiftpointマウスは右利き用のみの開発に専念させていただいております。
しかしながら、左利き用マウスの需要が高まるようでしたら、将来的には開発したいと考えております。

充電のためドッキングされている時、マウスは「OFF」ですか?

マウスはスイッチを「OFF」にされた時のみ「OFF」となります。ドッキングされていても同様です。
スイッチが「ON」でも「OFF」でもドッキングしていただくことが可能です(しかしながらスイッチは「OFF」にしておくことを推奨いたします。旅行時や利用していない時、無意識にクリックしてしまうことを防ぐためです)。どのくらい充電が残っているかに関係なくドッキングおよび充電することが可能です。

Swiftpoint GTを設定する
Swiftpoint GTの設定を調整します。
マウス下面のスイッチをCONFIGにします。
スクリーン上に出てくるインストラクションに従います。
設定終了時、スイッチを「ON」にします。